毎月1万円から2万円のデート代は必要

毎月1万円から2万円のデート代は必要

1回のデート代の平均は1万円

毎月1万円から2万円のデート代は必要

デートの約束をするようになると、気になるのがデート代です。「デートはしたいけどお金がかさむのはちょっと」という方はたくさんいらっしゃるでしょう。1回にかかるデート代がどれくらいになるかは、年齢や価値観によって大きく変わります。やはり二人とも年収があまりないという場合は安くなるでしょう。

 

また「高級レストランよりもラーメン屋でのデートがいい」というタイプであればやはり安くなります。しかし一般的には1回のデートに1万円くらいかかってしまうでしょう。その内訳は以下のようになります。

 

レストランの食事で男女3000円くらい

まず食事代です。おそらく多くのカップルは、高級レストランでもファストフードチェーンでもなく、一般的なカフェやレストランで食事をすると思います。ランチの場合はセットで1000円から1500円が相場でしょう。メイン料理にドリンクやケーキなどがついたセットを頼む方が多いのではないでしょうか。割り勘するかどうかはカップルにもよりますが、男性の側が出すというケースも多いでしょう。

 

もしあまり頻繁に会えないという場合は、比較的落ち着いたプチ高級志向のレストランに行くかもしれません。

あるいはバイキング方式の外食店など、できるだけ話題性があるところを選ぶかもしれません。こういう場合は2,000円から3,000円ほどはかかりそうです。

 

 

入場料や交通費に3000円くらい

レストランの前後にイベント施設などで時間を過ごすというカップルも多いと思います。ディズニーリゾートなどに行くと一気に1万円ほど吹き飛びますが、映画館や美術館、博物館などであれば1,000円から2,000円で済みます。施設料金に加えて、デートスポットまでの交通費もかかります。遠距離恋愛か近距離恋愛かによって交通費はかなり変わりますが、近距離であれば1,000円から2,000円ほどかもしれません。

 

お買い物や雑費に3000円+α

デートにはショッピングも含まれます。お互いに簡単なプレゼントを買いたいと思うかもしれません。何回目のデートか、相手との信頼関係はどれくらい築けているかにもよりますが、買い物や雑費には3,000円くらいかかるかもしれません。どんなものを買っているかで、自分の趣味や好みをアピールできる側面もあるので、場合によってはショッピングでの金額が一番高いということもありえます。

 

買い物をモールや商店街などですると、小腹が空いたり喉が渇いたりします。そういう時は軽く一杯ドリンクを口にすることもありますが、ここでの出費も500円から1,000円ほどカウントされるでしょう。

 

おうちデートでも演出を忘れずに

毎月1万円から2万円のデート代は必要

外だとお金がかかるので、どちらかの家か友人の家などでデートするというパターンもあります。家でのデートはある程度信頼関係がある場合に限られますが、出費がおさえられる分、注意すべきポイントがいろいろとあります。いかに意識しておきたい点をあげてみます。

 

実は難易度が高いお家デート

家でのデートはあまり緊張しないので気軽かもしれません。しかし住環境や会う時間帯、構成人数などによっては難易度があがります。例えば独り暮らしをしている会員の場合で、夜に2人だけでデートする約束をしていれば、明らかに体目的が想定されています。まじめで誠実な付き合いをしたいという会員にとってそれはNGです。また独り暮らしの男性宅に行く場合、相手の友人がいるとしても、女性からすれば怖いと感じます。夜であればなおさらです。

 

このように状況によって家でのデートは事件や体目的を連想させるため、わりとリスキーです。

ですから将来ずっと一緒にいる相手を探すのであれば、相手を安心させられて、かつ責任感のあるデートができる状況で行うべきです。

例えばそれぞれの信頼できる友人や家族を交えたうえで日中に行うなどすると、問題を避けやすいでしょう。

 

映画・食事・カフェタイムなどやることは多い

おうちデートにするとしても外出先デートにするとしても、大切なのは準備です。仮に外で映画を見て食事をして自宅でカフェタイムをするというデートプランを立てた場合、移動する距離の計算や交通手段、レストランの予約、家の掃除などやるべきことはたくさんあります。いかにも雑誌通りのデートプランというのも考えものですが、やはり計画的に動くことで特に男性はアピールできるものがあるでしょう。

 

2人共趣味が同じなら楽しみやすい

デートプランを立てるうえで、もしカップル同士の趣味が同じだとメリットがあります。

まず行き先を考えるうえで、美術館、映画館、動物園、スイーツショップなど、共通の関心事があるとプランが楽に立てられます。

また相手に無理に合わせる必要もないので、心から楽しむことができます。特にこだわりがなければ、最初から趣味がある程度被っている相手を選ぶのが良いでしょう。