恋活だから誰でも気軽に始められる

恋活だから誰でも気軽に始められる

Omiaiは恋活向けのサービス

恋活だから誰でも気軽に始められる

「Omiai」は累計会員数360万人を誇る人気恋活アプリです。知名度がかなり高いので登録しているという方も少なくないと思いますが、婚活ではなく基本的に「恋活向け」のアプリです。つまり恋をしたい人のためのアプリです。よく恋活と婚活という言葉が使われますが、恋活は基本的に恋愛重視の活動です。

 

一方婚活は結婚という段階に到達することを重視した活動です。恋活も恋愛を経て最終的に結婚する場合は婚活になりますが、意識的には「すぐに結婚というよりまずは恋愛関係を築きたい」という会員が少なくないと思われます。

 

新しい恋を始めるならOmiai

Omiaiを使った結果うまく恋愛が成功したというケースは少なくありません。実際2018年の1月から3月までの平均実績値を計算すると、毎日25,000組がマッチング成立しているという数字があります。とはいえマッチング成立=結婚ではありません。

新しい恋を始めるには良いかもしれませんが、交際時点から結婚を現実視するという雰囲気は薄いように思えます。

そのため結婚を前提に相手探しをしたいという場合は、Omiaiの利用法についてよく考えておく必要があります。

 

恋活向けだから出入りが激しい

恋活向けアプリであるゆえに、Omiaiは出入りが激しいところがあります。「結婚できなくても別にいいや」とか「とりあえず付き合う相手が欲しい」、「誰か遊べる相手が欲しいな」というような、イマイチ結婚観が薄い会員が増えてしまうきらいがあります。その雰囲気を演出してしまう一つの理由は、「女性会員は無料」という点です。この点に関しては後述しますが、やはりお金をかけないものにはそれほど身が入らないものです。

 

逆にお金や犠牲を払って取り組む事柄には、ある程度本気になるものです。誰かと知り合って連絡先を交換し、実際に会って交際にまで発展させるにはそれなりの時間がかかります。恋愛に慣れていない場合は余計そうでしょう。その点を考えると、会員の出入りが激しいのはデメリットです。「せっかく特定の会員とやり取りが始まったのに、気づいたら退会していた」という事が起きやすいからです。

 

Omiaiで婚活は成功率が低い

Omiaiは恋活アプリとしては実績がそれなりにあります。しかし婚活成功率については疑問が残ります。Omiaiの公式サイトを見ると、「良縁報告」というページで成立したカップルが紹介されていますが、「彼氏と出会えた」「理想の女性と出会えた」「彼とは本当に気が合って・・」というキャプションがついているものの、結婚やそれを連想させる言葉はあまり出てきません。こうした点を見ても、Omiaiでの婚活成功は、あまり期待できるものではないと言えます。

 

女性が無料という欠点について

恋活だから誰でも気軽に始められる

「Omiaiは婚活をするには微妙」と言えるのは、女性が無料で利用できるという点にあります。男性は有料ですが、女性は払う必要はありません。これは男性にとっても女性にとっても大きな欠点と言えます。そう言える理由を説明したいと思います。

 

出会い系でしょ?と避ける女子が多い

「出会い系サイト」と聞いてネガティブな印象を持つ方はたくさんいらっしゃいます。色々な事件が起きているというのもそうですが、そもそもネットでの出会いへの偏見も根強いからです。実際にはネットでの出会いも現実での出会いも、最終的に本人と会って話し合いをして結婚する点では共通していますが、ネットのマッチングアプリはナンパのための場として認識されやすいです。

 

無料で使えるというのは一見お得感がありますが、逆に「サービス内容が希薄だから無料なんだ」、「なにか裏がある」といった疑心暗鬼にさせる要因にもなりえます。「安かろう悪かろう」というように、「無料=怪しい」という図式があります。そのためOmiaiを「出会い系でしょ?」と避けてしまう女性が少なくないでしょう。

 

ヤリマン・ヤリモクが結局多くなった

残念なことに、結婚を本気で考えている方がいらっしゃる一方で、マッチングアプリを体目的で使おうとする人もいます。「ヤリマン・ヤリモク」というネガティブな言葉が使われることがありますが、無料アプリだとどうしても真剣さや責任感が薄れてしまうのです。本気で結婚を前提にした出会いをしたいなら、Omiaiは方向性が違います

 

女性が無料で気軽に婚活するわけない

結局のところ、「人生を一緒にする相手を選ぶ」婚活を、なんの努力や犠牲もなしに成功させるのは不可能です。男性であれ女性であれそれは変わりません。無料で気軽に人生の伴侶を見つけられるわけはないのです。

出費が少ないのは良いことですが、払う犠牲は結婚への本気度とある程度比例するということを考えて、婚活サイトを選ぶと良いでしょう。